実績 事例8

船橋市本町 店舗兼住宅 売却PJ
船橋市本町.jpg

『遺留分減殺請求』という言葉を、ご存知だろうか。

そう多くの方はご存じ無いのかもしれない。

いや、もし知っているとなると、専門業種の方か、もしくは自身がそれに関わる問題を抱えたことがあるのだろう。

今回は、そのような可能性をはらむ案件だった。

 

相続対策に、準備をしすぎるということは無い、と言い切れる。

むしろ、準備がされていないことによる問題を解決するために、我々が奔走するというケースの方が多い。

そういう意味では、今回はしっかりと準備されていたことによって、スムーズに売却を進めることが出来た良い事例であった。

本件は、遺言書を作成された司法書士先生からの相談案件だった。

日頃からの信頼関係によって遺言書がつくられており、これに基づいて遺言を執行をするという、そのお手伝いを行った形になる。

長期間空き家を放置することもなく、事前の準備をしっかりと行うことが出来たために、狙い通りの高値売却に成功をすることになった。

お客様の声

今回、依頼をするまでには漠然とした不安がありましたが、初見の折、質問に対して真摯に答えて下さったので信頼できる方だと感じ、安心しました。

 

依頼をして良かったです。

お会いする度に、行き届いた装いが好印象でした。

いつもよく話を聞いて下さり、それに対してわかりやすくお答えいただきました。

その都度、不安や疑問を解決してくださいましたね。売却のお話を進めていくうちに、トラブルを回避するための強かさも感じられ、安心することができました。

もし知り合いに不動産のことで悩んでいる方がいたら、ぜひご紹介させて頂きたいと思っております。

半年にわたり、大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

(T 様)