実績 事例5

千代田区神田佐久間町事務所ビル売却PJ
神田佐久間町ビル1.jpg

千代田区神田佐久間町と聞いても、ピンとこない人も多いかもしれない。

JR「秋葉原」駅から徒歩5分と言った方が分かりやすいだろう。

このような場所に在る本社ビルの活用についての相談であった。

本社ビルを売却するか?一部賃貸へ出すか?それともリノベーションをするか?というような曖昧な相談から始まった。

様々な選択肢がある中で、どれが最善策なのかを検討していくPJとなった。

それぞれのシミュレーションを検討しながら打合せの回数を重ね、最終的には売却の選択肢を選ばれることになった。​

お客様の声

本社ビルをどうしていくのかという経験のない作業について、一貫して相談できたというのが一番の安心感でありました。

 

売却するのか、修理して貸すのかという判断から、価格交渉・取引におけるリスク回避や、移転先の選定・契約、引越しから本社ビル残金決済に至るまで、流れるように導いてもらったという印象です。

 

迅速にかつ最善の方法へと導いていただいたので、社員約30人が動揺することもなく速やかに日常の業務へと取り組めたというのも、とても大きかった成果です。

 

今では新しくなったオフィスで社員の意気もあがり、様々な方面で良い効果を生み出しています。

(A社 専務取締役)