過去の掲載記事2021

2021年に掲載した情報です
​情報掲載日
 

2021-07-15

【ご相談】
ビルをフロア貸しにしています。入居者向けにオーナーが床の補強をする必要があるでしょうか?
【回答】
現状を説明することができれば、オーナーが特に補強をする必要はありません
【詳細】
私が所有しているビルを、フロア貸しにしています。
このたび空室が出たので募集をしたら、入居希望者から「床がどのくらいの重さに耐えられるのか?」という問い合わせがきました。
ビルのオーナーは、テナントの要望に応えて床の補強工事をすることも有るのでしょうか?
今回は、このようなご相談でした。
結論から言いますと、オーナー側で工事を行うことは、通常はございません。
ただ図面等で、建物が耐えうる床加重を説明する必要はあります。
そして、、、

・・・以下は、≪社長のブログ≫へ

 

2021-06-28

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(4月の首都圏市場動向報告)
・売買による土地所有権移転登記件数は、2カ月ぶりに前年を上回りプラス7.2%だった(3月度集計)。
・中古マンション新規登録件数は20カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス6.3%。成約件数は2カ月連続で前年を上回り、前年比プラス10.4%。成約㎡単価は12ヶ月連続で前年を上回り、前年比プラス16.2%。
・新築マンションの供給戸数は5カ月連続で前年を上回り前年比プラス104.5%。分譲平均㎡単価は5カ月ぶりに前年を上回りプラス10.3%、初月契約率は73.6%。
・RCの建築費指数(集合住宅RC工事原価)は、東京は4ヶ月連続で前年比を上回りプラス2.1p。
・新築戸建の新規登録件数は17ヶ月連続で前年を下回り、前年比マイナス47.4%。在庫件数は10カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス55.4%。
・東京都心5区のオフィス賃料は5ヶ月連続で前年を下回り、空室率は12ヶ月連続して対前年比で悪化した。
・不動産向け貸出残高は引き続き高い水準である。

202105土地取引の動向.jpg
202105中古マンションの動向.jpg
202105首都圏中古マンションの在庫数.jpg
202105新築マンションの動向.jpg
202105新築マンションの動向2.jpg
202105中古戸建の動向.jpg
202105新築戸建の動向.jpg
202105オフィス賃貸の動向.jpg
202105景気動向.jpg
202105不動産向け貸出残高.jpg
 

2021-06-26

第27回「保険募集人・FP・税理士のための”3本の矢”情報提供・勉強会」【完全紹介制】7月9日(金)​​

3本の矢.jpg

お金に関する”専門家”が、ご自身とは異分野の専門家から学びを得る場として、3人の講師陣が活きた情報提供に努めます(現在は4名の講師陣となっております)。

複数のテーマを設けて提供して参りますので、次回セミナー案内が届いた際には、どうぞ再びご参加ください。

---------- 

【3人の講師陣紹介】

(1)中野衛

 「Action COACH東京Cファームビジネスコーチ」でBNI港中央リージョンエリアディレクター

(2)中村諭

 「住宅ローンソムリエ®代表」でオールアバウト[住宅ローン]ガイドの中村諭(CFP®認定者)

(3)柴英寿

 株式会社 柴総合計画 代表(一級建築士&不動産業)不動産の視点から、ライフプランをサポート

----------  

参加資格:

①上記講師と面識のある方、もしくはその方のご紹介者限定

②お仕事カテゴリーが「FP・保険・税理士」限定

③過去にセミナー受講した方限定

2021-06-17

【第6回】不動産の評価 に欠かせない「不動産鑑定」と「事前調査」の勉強会 9月15日(水) 開催

~ ” 更正の請求 ”の餌食にならないための ~
【不動産の評価】に欠かせない「不動産鑑定」と「事前調査」の勉強会

【不動産鑑定士】×【一級建築士】共同企画
日ごろ相続を手掛けることが多い税理士先生向けに特化した、専門知識を身につけるための勉強会です。

◆これまでご参加頂いた、税理士先生からの声
「鑑定評価を検討した方が良いケースを網羅的に頂けたのは、非常に助かりました」
「財産基本通達の土地評価が当たり前だと思いがちですが、鑑定評価と比較検討する大切さを、事例を通して再認識しました」
「オンライン上の調査でも、ある程度の土地評価が出来るということが、あらためて分かりました」
「相続をやるのなら、まさにこういう内容を学ぶべきだ」
「こういう企画をもっとやって欲しい」

※ご注意

◆この勉強会の対象者は【税理士】限定です

・すでに、相続や事業承継を専門的に取り扱われている税理士

・相続や事業承継への取り組みを、今後積極的に増やしていきたい税理士

・現在は法人顧問契約が中心だが、将来的には相続や事業承継へ取り組みたいと考えている税理士

※内容の専門性が高いため、税理士以外の方は受講することができません。予めご了承ください。

-----

勉強会2020.png
 

2021-06-14

第26回「保険募集人・FP・税理士のための”3本の矢”情報提供・勉強会」【完全紹介制】6月26日(土)​​

3本の矢.jpg

お金に関する”専門家”が、ご自身とは異分野の専門家から学びを得る場として、3人の講師陣が活きた情報提供に努めます(現在は4名の講師陣となっております)。

複数のテーマを設けて提供して参りますので、次回セミナー案内が届いた際には、どうぞ再びご参加ください。

---------- 

【4人の講師陣紹介】

(1)中野衛

 「Action COACH東京Cファームビジネスコーチ」でBNI港中央リージョンエリアディレクター

(2)田神奈央

 「株式会社クレディセゾン社員」でプラチナカード営業兼あなたの秘書サービス

(3)中村諭

 「住宅ローンソムリエ®代表」でオールアバウト[住宅ローン]ガイドの中村諭(CFP®認定者)

(4)柴英寿

 株式会社 柴総合計画 代表(一級建築士&不動産業)不動産の視点から、ライフプランをサポート

----------  

参加資格:

①上記講師と面識のある方、もしくはその方のご紹介者限定

②お仕事カテゴリーが「FP・保険・税理士」限定

③過去にセミナー受講した方限定

 

2021-06-11

【ご相談】
お隣りの方が設置したブロックが、敷地境界を跨いで建っているようだ。
【回答】
すぐに、協議をした方がよいでしょう。
【詳細】
最近、お隣りの方が敷地の境目にブロックを新設しました。
ところが、どうやら境界線をこちら側に跨いで建っているようなのです。
この場合、何らかの対処をしたほうが良いのでしょうか?というご相談でした。
これは、
「すぐに協議をして検証した方が良い」です。
そして、もし境界線を跨いているようであれば、すぐにブロックを作り直してもらうことも有り得ます。
土地のお隣の方との境界線については、とてもデリケートな話題になります。

・・・以下は、≪社長のブログ≫へ

 

2021-06-10

第24回『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』60分オンライン勉強会 次回_7月8日(木)18時30分から開催

『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』オンライン勉強会_タイトル用.png

【松下幸之助の経営の真髄を学ぶ】60分オンライン勉強会
~ 幸之助の肉声から伝わる、熱い想い! ~

松下幸之助は、経営理念を経営にどのように位置付け、世界に冠たる企業を築き上げていったのか?
その経営理念の根底にある価値観とは何か?
・東京中小企業家同友会参加登録サイトから、「注意事項」をお読み頂きお申し込みください

2021-06-01

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(3月の首都圏市場動向報告)
・売買による土地所有権移転登記件数は、2カ月ぶりに前年を下回りマイナス4.4%だった(2月度集計)。
・中古マンション新規登録件数は19カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス19.3%。成約件数は2カ月ぶりに前年を上回り、前年比プラス16.1%。成約㎡単価は11ヶ月連続で前年を上回り、前年比プラス9.2%。
・新築マンションの供給戸数は4カ月連続で前年を上回り前年比プラス44.9%。分譲平均㎡単価は4カ月連続で前年を下回りマイナス3.9%、初月契約率は73.6%。
・RCの建築費指数(集合住宅RC工事原価)は、東京は3ヶ月連続で前年比を上回りプラス1.9p。
・新築戸建の新規登録件数は16ヶ月連続で前年を下回り、前年比マイナス49.9%。在庫件数は9カ月ぶりに前年を下回り、前年比マイナス51.4%。
・東京都心5区のオフィス賃料は4ヶ月連続で前年を下回り、空室率は11ヶ月連続して対前年比で悪化した。
・不動産向け貸出残高は引き続き高い水準である。

202104土地取引の動向.jpg
202104中古マンションの動向(首都圏).jpg
202104首都圏マンション在庫数について.jpg
202104新築マンションの動向.jpg
202104新築マンションの動向2.jpg
202104中古戸建ての動向(首都圏).jpg
202104新築戸建ての動向(首都圏).jpg
202104オフィス賃貸の動向.jpg
202104商業用不動産の価格指数推移.jpg
202104景気動向.jpg
 

2021-05-18

第25回「保険募集人・FP・税理士のための”3本の矢”情報提供・勉強会」【完全紹介制】6月12日(土)​​

3本の矢.jpg

お金に関する”専門家”が、ご自身とは異分野の専門家から学びを得る場として、3人の講師陣が活きた情報提供に努めます(現在は4名の講師陣となっております)。

複数のテーマを設けて提供して参りますので、次回セミナー案内が届いた際には、どうぞ再びご参加ください。

---------- 

【4人の講師陣紹介】

(1)中野衛

 「Action COACH東京Cファームビジネスコーチ」でBNI港中央リージョンエリアディレクター

(2)田神奈央

 「株式会社クレディセゾン社員」でプラチナカード営業兼あなたの秘書サービス

(3)中村諭

 「住宅ローンソムリエ®代表」でオールアバウト[住宅ローン]ガイドの中村諭(CFP®認定者)

(4)柴英寿

 株式会社 柴総合計画 代表(一級建築士&不動産業)不動産の視点から、ライフプランをサポート

----------  

参加資格:

①上記講師と面識のある方、もしくはその方のご紹介者限定

②お仕事カテゴリーが「FP・保険・税理士」限定

③過去にセミナー受講した方限定

 
 

2021-05-14

第23回『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』オンライン勉強会 次回は6月9日開催します

『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』オンライン勉強会_タイトル用.png

【松下幸之助の経営の真髄を学ぶ】60分オンライン勉強会
~ 幸之助の肉声から伝わる、熱い想い! ~

松下幸之助は、経営理念を経営にどのように位置付け、世界に冠たる企業を築き上げていったのか?
その経営理念の根底にある価値観とは何か?
・東京中小企業家同友会参加登録サイトから、「注意事項」をお読み頂きお申し込みください

 

2021-05-12

【相談】

倉庫として賃貸募集している物件を、スタジオとして借りて使用しても良いのでしょうか?

【回答】

良いかと聞かれれば答えはNGですが、貸主と要相談となります。

【詳細】

今回のご相談は、不動産の賃貸借契約ならびに建物用途についてのご相談でした。

「事業としてスタジオ運営を行なっており、このたび新たな拠点としてのスタジオを増やしたいと思っています。

ところが、気に入った物件の募集要件は「倉庫」となっていたので、これをスタジオとして借りても良いのでしょうか?」

というご相談でした。

上記しましたが、良いかと聞かれれば専門家としての回答はNGとなります。

ただし、貸主側へ相談をした後にOKとなる場合もあります。

そもそも建物には、新築時に決めた「用途」があります。

・・・以下は、≪社長のブログ≫へ

2021-05-07

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(2月の首都圏市場動向報告)
・売買による土地所有権移転登記件数は、2カ月連続で前年を上回りプラス1.9%だった(1月度集計)。
・中古マンション新規登録件数は18カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス24.3%。成約件数は2カ月ぶりに前年を下回り、前年比マイナス4.3%。成約㎡単価は10ヶ月連続で前年を上回り、前年比プラス5.3%。
・新築マンションの供給戸数は3カ月連続で前年を上回り前年比プラス50.7%。分譲平均㎡単価は3カ月連続で前年を下回りマイナス2.7%、初月契約率は76.0%。
・RCの建築費指数(集合住宅RC工事原価)は、東京は2ヶ月連続で前年比を上回りプラス1.0p。
・新築戸建の新規登録件数は15ヶ月連続で前年を下回り、前年比マイナス48.6%。在庫件数は8カ月ぶりに前年を下回り、前年比マイナス48.3%。
・東京都心5区のオフィス賃料は3ヶ月連続で前年を下回り、空室率は10ヶ月連続して対前年比で悪化した。
・不動産向け貸出残高は引き続き高い水準である。

202103土地取引の動向.jpg
202103中古マンションの動向1(首都圏).jpg
202103首都圏中古マンション在庫数.jpg
202103新築マンションの動向1.jpg
202103新築マンションの動向2(在庫数).jpg
202103中古戸建ての動向1(首都圏).jpg
202103新築戸建ての動向.jpg
202103オフィス賃貸の動向.jpg
202103経済動向1.jpg
202103経済動向2.jpg
 

2021-05-06

第24回「保険募集人・FP・税理士のための”3本の矢”情報提供・勉強会」【完全紹介制】2021年5月14日(金)​​

3本の矢.jpg

お金に関する”専門家”が、ご自身とは異分野の専門家から学びを得る場として、3人の講師陣が活きた情報提供に努めます(現在は4名の講師陣となっております)。

複数のテーマを設けて提供して参りますので、次回セミナー案内が届いた際には、どうぞ再びご参加ください。

---------- 

【4人の講師陣紹介】

(1)中野衛

 「Action COACH東京Cファームビジネスコーチ」でBNI港中央リージョンエリアディレクター

(2)田神奈央

 「株式会社クレディセゾン社員」でプラチナカード営業兼あなたの秘書サービス

(3)中村諭

 「住宅ローンソムリエ®代表」でオールアバウト[住宅ローン]ガイドの中村諭(CFP®認定者)

(4)柴英寿

 株式会社 柴総合計画 代表(一級建築士&不動産業)不動産の視点から、ライフプランをサポート

----------  

参加資格:

①上記講師と面識のある方、もしくはその方のご紹介者限定

②お仕事カテゴリーが「FP・保険・税理士」限定

③過去にセミナー受講した方限定

 

2021-04-13

【相談】

自宅兼アパートを建て替えたいのですが、所有権が分散しております。このような建物も、建て替え可能なのでしょうか?

【回答】

可能ですが、あわせて今後のために権利関係の整理をすることを、お勧めします。

【詳細】

今回は、権利関係が親族へ分散している建物を建て替えたいという相談でした。

なぜ共有名義になっているのかと尋ねると、もともと先代が単独所有していた不動産を相続する際に何故かこのようになったそうです。

じつは、

当社へ来られるご相談では、

「前回の相続時に”なぜか”このような所有形態になってしまった」

と、ご説明をされる方がとても多いのです。

・・・以下は、≪社長のブログ≫へ

 

2021-04-08

税理士向けYoutube動画UP 土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係_「役所調査」の進め方2

この度、専門業種の方向けにYoutubeで情報を配信させて頂いております。
こちらのチャンネルは、特に以下の方々に向けた内容となっております。

 

・税理士(資産税)
・司法書士
・弁護士
・他、不動産に関係する士業の方

土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係202104_役所調査の進め方2.jpg
 

2021-04-05

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(1月の首都圏市場動向報告)
・売買による土地所有権移転登記件数は、3ヵ月ぶりに前年を上回りプラス5.6%だった(12月度集計)。
・中古マンション新規登録件数は17カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス22.3%。成約件数は2カ月ぶりに前年を上回り、前年比プラス29.9%。成約㎡単価は9ヶ月連続で前年を上回り、前年比プラス2.3%。
・新築マンションの供給戸数は2カ月振りに前年を上回り前年比プラス6.4%。分譲平均㎡単価は2カ月連続で前年を下回りマイナス31.0%、初月契約率は68.1%。
・RCの建築費指数(集合住宅RC工事原価)は3ヶ月連続で前年比を下回りマイナス0.3p。
・新築戸建の新規登録件数は14ヶ月連続で前年を下回り、前年比マイナス37.2%。在庫件数は7カ月ぶりに前年を下回り、前年比マイナス44.0%。
・東京都心5区のオフィス賃料は2ヶ月連続で前年を下回り、空室率は9ヶ月連続して対前年比で悪化した。
・不動産向け貸出残高は引き続き高い水準である。

202102土地取引の動向.jpg
202102中古マンションの動向(首都圏).jpg
202102首都圏中古マンションの在庫数.jpg
202102新築マンションの動向1.jpg
202102新築マンションの動向2.jpg
202102新築戸建の動向(首都圏).jpg
202102オフィス賃貸の動向.jpg
202102商業用不動産の価格指数.jpg
202102不動産向け貸出残高.jpg
202102景気動向.jpg
 

2021-03-31

『空き家に備えよ!』~その時、何をしたら良いの?~ オンラインセミナー2021年4月17日(土) 開催

空き家に備えよタイトル(オンライン).jpg

『空き家に備えよ!』~その時、何をしたら良いの?~

◇これまで参加頂いた方からは、このような感想を頂いております

・思いのほか、気を付ける点がたくさんありました。

・玄関の鍵を閉めるみたいな基本しか知らなかったので、発見ばかりでした。

・○○をする、ということを知りませんでした。

・○○のことも考えないといけないのは大変そうだなと思いました。

-----

◆このセミナーの対象者

・クライアントへ、空き家のアドバイスを身につけたい【ライフプランナー】
・遺言、後見、家族信託を扱われている【司法書士】【行政書士】
・すでに『空き家』を所有していて、どうしようか思案中の方

◆内容
このセミナーは、このような想いから開催しております。
「これ以上、日本に空き家を増やしたくない」「空き家を減らしたい」

だれも当初から望んで『空き家』にしたい人はいないでしょう。
では、なぜこれほどまでに「空き家問題」が広がっているのでしょうか?
その理由は明解です。いざという時の準備が出来ていなかったからです。
そして、とりあえずがそのまま続いてしまい、結局は空き家として放置されてしまうという事例が多いのです。

我々が次への備えをしっかりとしていくことで、託された資産を有効活用していくことができるのです。

◆このセミナーへ参加すると、このようなことが身につきます
・空き家になる際には、とりあえず何をしておくのか
・各々の状況により、準備の仕方が違うということ
・空き家について質問されたときに、適切な助言ができる
すると、、、
 ↓
※不動産を、管理し易く準備しておくことができる
※資産を有効活用していくことができる

これらの内容を、60分で簡潔にお伝えいたします。

◆場所:オンライン(Zoomを使用します)

◆参加方法
セミナー詳細ページからチケットをご購入ください

 

2021-03-24

第5回【不動産の評価】に欠かせない「不動産鑑定」と「事前調査」の勉強会 6月16日(水) 開催します

【 延期しておりました、勉強会の開催日が決定しました 】

~ ” 更正の請求 ”の餌食にならないための ~
第5回【不動産の評価】に欠かせない「不動産鑑定」と「事前調査」の勉強会

【不動産鑑定士】×【一級建築士】共同企画
日ごろ相続を手掛けることが多い税理士先生向けに特化した、専門知識を身につけるための勉強会です。

◆これまでご参加頂いた、税理士先生からの声
「鑑定評価を検討した方が良いケースを網羅的に頂けたのは、非常に助かりました」
「財産基本通達の土地評価が当たり前だと思いがちですが、鑑定評価と比較検討する大切さを、事例を通して再認識しました」
「オンライン上の調査でも、ある程度の土地評価が出来るということが、あらためて分かりました」
「相続をやるのなら、まさにこういう内容を学ぶべきだ」
「こういう企画をもっとやって欲しい」

※ご注意

◆この勉強会の対象者は【税理士】限定です

・すでに、相続や事業承継を専門的に取り扱われている税理士

・相続や事業承継への取り組みを、今後積極的に増やしていきたい税理士

・現在は法人顧問契約が中心だが、将来的には相続や事業承継へ取り組みたいと考えている税理士

※内容の専門性が高いため、税理士以外の方は受講することができません。予めご了承ください。

-----

勉強会2020.png
 

2021-03-16

​社長のブログ更新「中古マンションを購入した

今回のご相談は、都内で中古マンションを購入したいという内容でした。

【相談】

都内で中古マンションを購入したいのだが、どう探し始めたらよいのだろうか?

【回答】

まずは「予算」「地域(沿線)」「大きさ(間取り)」この辺りの≪的を絞る≫ことから始めましょう

【詳細】

お話をお伺いすると、ご夫婦ともに関東のご出身ではなく、都内に住むうえでの地域選択にこだわりが無いということでした。

また、今後お子様が増える可能性もあることから、間取りや大きさについても定まっていないようです。

これでは、ちょっと探しようがありませんね。

実は、世に出回っている不動産情報は、皆様が想像されているよりもはるかに数が多く、そしてはるかに早いスピートで取引をされています。

よって、不動産を購入する際には、かなりの確度で探す的を絞っていかないと、良い物件を買い逃してしまうのです。

さらに、

購入するにあたっては準備も必要です。

・・・以下は、≪社長のブログ≫へ

 

2021-03-13

第23回「保険募集人・FP・税理士のための”3本の矢”情報提供・勉強会」【完全紹介制】2021年4月17(土)​​

3本の矢.jpg

お金に関する”専門家”が、ご自身とは異分野の専門家から学びを得る場として、3人の講師陣が活きた情報提供に努めます(現在は4名の講師陣となっております)。

複数のテーマを設けて提供して参りますので、次回セミナー案内が届いた際には、どうぞ再びご参加ください。

---------- 

【4人の講師陣紹介】

(1)中野衛

 「Action COACH東京Cファームビジネスコーチ」でBNI港中央リージョンエリアディレクター

(2)田神奈央

 「株式会社クレディセゾン社員」でプラチナカード営業兼あなたの秘書サービス

(3)中村諭

 「住宅ローンソムリエ®代表」でオールアバウト[住宅ローン]ガイドの中村諭(CFP®認定者)

(4)柴英寿

 株式会社 柴総合計画 代表(一級建築士&不動産業)不動産の視点から、ライフプランをサポート

----------  

参加資格:

①上記講師と面識のある方、もしくはその方のご紹介者限定

②お仕事カテゴリーが「FP・保険・税理士」限定

③過去にセミナー受講した方限定

 

2021-03-11

税理士向けYoutube動画UP 土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係_「役所調査」の進め方1

この度、専門業種の方向けにYoutubeで情報を配信させて頂いております。
こちらのチャンネルは、特に以下の方々に向けた内容となっております。

 

・税理士(資産税)
・司法書士
・弁護士
・他、不動産に関係する士業の方

土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係202103_役所調査の進め方1.jpg
 

2021-03-06

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(12月の首都圏市場動向報告)
全体的な動向は先月と大きな変化はありませんでしたが、首都圏の不動産流通市場において、価格は緩やかに上昇し続け、在庫が大幅に減少しています。
新築市場も戸建てはもとよりマンションも在庫が減少し、持ち家の着工数も2ヶ月連続で前年比プラスになりました。景気動向調査(DI)の結果も回復基調にあります。
先日、GDPが11年振りにマイナスになったという報道があったにも関わらず、日経平均株価が3万円付近を行き来しております。不動産もコロナバブルという状況なのでしょうか。

202101土地取引の動向.jpg
202101中古マンションの動向(首都圏).jpg
202101中古戸建ての動向(首都圏).jpg
202101新設着工戸数の動向(地域別).jpg
202101新築マンションの動向1.jpg
202101新築マンションの動向2.jpg
202101新築戸建ての動向(首都圏).jpg
202101オフィス賃貸の動向.jpg
202101商業用不動産お価格推移.jpg
202101景気動向.jpg
 

2021-02-21

社長のブログを更新致しました。

『独居していた親が室内で亡くなった、そのマンションを売りたい』

 

【相談】
先日、独居していた親がマンションの室内で亡くなりました。
ついては、そのマンションを売却したいと思いますが、相場よりかなり安くしないと、売れないと言われました。
本当にそうなのでしょうか?

 

【回答】
お亡くなりになった詳しい状況によっても、売却できる相場は違ってきます。

 

【詳細】
この度、ご相続により自分名義になった都内のマンション一室を売却したいという、最近ではよくあるご相談でした。

早速、インターネットの一括査定サイトへ登録したら、ものすごい数の連絡がきてしまい、今はそのしつこい対応に追い廻されているのだそうです。

 

しかし今回は、独居していた親がそのマンションの室内でお亡くなりになった、と言うことが問題です。
さかんに連絡をしてくる彼らへ、独居していた親がそのマンション内で亡くなった旨を説明すると、みなトーンが一変するのだそうです。
 

そして、口をそろえて出てくる言葉が、
「かなり安くなってしまいますよ」

本当にそうなのでしょうか?

・・・

 

2021-02-13

『空き家に備えよ!』~その時、何をしたら良いの?~ オンラインセミナー2021年3月21日(日) 開催

空き家に備えよタイトル(オンライン).jpg

『空き家に備えよ!』~その時、何をしたら良いの?~

◇これまで参加頂いた方からは、このような感想を頂いております

・思いのほか、気を付ける点がたくさんありました。

・玄関の鍵を閉めるみたいな基本しか知らなかったので、発見ばかりでした。

・○○をする、ということを知りませんでした。

・○○のことも考えないといけないのは大変そうだなと思いました。

-----

◆このセミナーの対象者

・クライアントへ、空き家のアドバイスを身につけたい【ライフプランナー】
・遺言、後見、家族信託を扱われている【司法書士】【行政書士】
・すでに『空き家』を所有していて、どうしようか思案中の方

◆内容
このセミナーは、このような想いから開催しております。
「これ以上、日本に空き家を増やしたくない」「空き家を減らしたい」

だれも当初から望んで『空き家』にしたい人はいないでしょう。
では、なぜこれほどまでに「空き家問題」が広がっているのでしょうか?
その理由は明解です。いざという時の準備が出来ていなかったからです。
そして、とりあえずがそのまま続いてしまい、結局は空き家として放置されてしまうという事例が多いのです。

我々が次への備えをしっかりとしていくことで、託された資産を有効活用していくことができるのです。

◆このセミナーへ参加すると、このようなことが身につきます
・空き家になる際には、とりあえず何をしておくのか
・各々の状況により、準備の仕方が違うということ
・空き家について質問されたときに、適切な助言ができる
すると、、、
 ↓
※不動産を、管理し易く準備しておくことができる
※資産を有効活用していくことができる

これらの内容を、60分で簡潔にお伝えいたします。

◆場所:オンライン(Zoomを使用します)

◆参加方法
セミナー詳細ページからチケットをご購入ください

 

2021-02-10

税理士向けYoutube動画UP 土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係_「現地」の測り方_指標にする「寸法」

この度、専門業種の方向けにYoutubeで情報を配信させて頂いております。
こちらのチャンネルは、特に以下の方々に向けた内容となっております。

 

・税理士(資産税)
・司法書士
・弁護士
・他、不動産に関係する士業の方

土地の調査で役に立つ、「道路と敷地」の関係202102_現地の測り方_指標にする
 

2021-02-01

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。

(11月の首都圏市場動向報告)
・全体的な動向は先月と大きな変化はありませんでした。
・売買では中古物件が動いており、新築戸建ても成約件数が伸び、在庫調整が進んでいます。
・その反面、市場在庫が減少し続けてるため、成約件数に影響が出始めているようです。
・新築着工戸数は、持ち家が16ヶ月振りに前年比プラスに転じました。これも戸建ての需要が旺盛な状況の現れでしょうか。

​・オフィスは、空室率が増加傾向です。

202012土地取引の動向.jpg
202012中古マンションの動向.jpg
202012首都圏中古マンション在庫数.jpg
202012中古戸建ての動向.jpg
202012新築マンションの動向.jpg
202012新築マンションの動向(建築費).jpg
202012新築戸建ての動向.jpg
202012オフィス賃貸の動向.jpg
202012商業用不動産の価格指数.jpg
202012景気動向.jpg
 

2021-01-29

『空き家に備えよ!』~まず何をしたら良いの?~ オンラインセミナー2021年2月13日(土) 開催します

空き家に備えよタイトル(オンライン).jpg

『空き家に備えよ!』~イザという時、どうしたら良いの?~

◇これまで参加頂いた方からは、このような感想を頂いております

・思いのほか、気を付ける点がたくさんありました。

・玄関の鍵を閉めるみたいな基本しか知らなかったので、発見ばかりでした。

・○○をする、ということを知りませんでした。

・○○のことも考えないといけないのは大変そうだなと思いました。

-----

◆このセミナーの対象者

・クライアントへ、空き家のアドバイスを身につけたい【ライフプランナー】
・遺言、後見、家族信託を扱われている【司法書士】【行政書士】
・すでに『空き家』を所有していて、どうしようか思案中の方

◆内容
このセミナーは、このような想いから開催しております。
「これ以上、日本に空き家を増やしたくない」「空き家を減らしたい」

だれも当初から望んで『空き家』にしたい人はいないでしょう。
では、なぜこれほどまでに「空き家問題」が広がっているのでしょうか?
その理由は明解です。いざという時の準備が出来ていなかったからです。
そして、とりあえずがそのまま続いてしまい、結局は空き家として放置されてしまうという事例が多いのです。

我々が次への備えをしっかりとしていくことで、託された資産を有効活用していくことができるのです。

◆このセミナーへ参加すると、このようなことが身につきます
・空き家になる際には、とりあえず何をしておくのか
・各々の状況により、準備の仕方が違うということ
・空き家について質問されたときに、適切な助言ができる
すると、、、
 ↓
※不動産を、管理し易く準備しておくことができる
※資産を有効活用していくことができる

これらの内容を、60分で簡潔にお伝えいたします。

◆場所:オンライン(Zoomを使用します)

◆参加方法
セミナー詳細ページからチケットをご購入ください

 

2021-01-19

社長のブログを更新致しました。

今回は、親の認知症が始まったので、家を売りたいというご相談でした。

【相談】
親の認知症が始まったようなので、親の住まいを売って介護施設に入所する資金にしたい

【回答】
残念ですが、早急に不動産を売却するのは手遅れの可能性が高いです

【詳細】
最近、どうも実家の両親の様子がおかしいと思っていました。

しばらく前から懸念していましたが、先日久しぶりに実家へ帰ってみると、同じ通販の商品を繰り返し買っていたり、支払いの督促が机に山積みになったりしていたのです。

いよいよまずいと思い・・・

 

2021-01-15

税理士向けYoutube動画UP 土地の調査で役に立つ「道路と敷地」の関係_「現地」の測り方_指標にする「寸法」

この度、専門業種の方向けにYoutubeで情報を配信させて頂いております。
こちらのチャンネルは、特に以下の方々に向けた内容となっております。

 

・税理士(資産税)
・司法書士
・弁護士
・他、不動産に関係する士業の方

土地の調査で役に立つ、「道路と敷地」の関係202101_現地の測り方_指標にする
 

2021-01-05

​新年のご挨拶

謹んで新春をお祝い申し上げます

令和3年(2021年)が、皆様にとって素晴らしい1年になることを、心よりお祈り申し上げます
 

昨年より続くこのコロナ禍においても、ひとの暮らしは続いていきます

皆またひとつ歳を重ね、そしてまた新しい生活が始まります

弊社では、経営理念でもある「先を見据えた」建築計画と不動産経営を、今年も皆様に精一杯提供してまいります

先の見えない今の時代だからこそ、ますます「先を見据えた」ご提案が必要であると実感しております

今後もより一層、皆様のお役にたてるよう精一杯努力をしてまいる所存です

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 

株式会社柴総合計画 代表取締役 柴 英寿

洗心亭_rsz.jpg
 
 
 

2021-07-10

第25回『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』60分オンライン勉強会 次回_9月8日(水)18時30分から開催

『松下幸之助の経営の真髄を学ぶ』オンライン勉強会_タイトル用.png

【松下幸之助の経営の真髄を学ぶ】60分オンライン勉強会
~ 幸之助の肉声から伝わる、熱い想い! ~

松下幸之助は、経営理念を経営にどのように位置付け、世界に冠たる企業を築き上げていったのか?
その経営理念の根底にある価値観とは何か?
・東京中小企業家同友会参加登録サイトから、「注意事項」をお読み頂きお申し込みください

2021-08-01

市況データ報告

[全国宅地建物取引業協会連合会]が発表した市場動向から、一部を抜粋してお送りします。
(5月の首都圏市場動向報告)
・売買による土地所有権移転登記件数は、2カ月連続で前年を上回りプラス13.4%だった(4月度集計)。
・中古マンション新規登録件数は21カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス9.9%。成約件数は3カ月連続で前年を上回り、前年比プラス94.9%。成約㎡単価は13ヶ月連続で前年を上回り、前年比プラス12.6%。
・新築マンションの供給戸数は6カ月連続で前年を上回り前年比プラス556.0%。分譲平均㎡単価は2カ月ぶりに前年を下回りマイナス14.0%、初月契約率は69.3%。
・RCの建築費指数(集合住宅RC工事原価)は、東京は5ヶ月連続で前年比を上回りプラス2.4p。
・新築戸建の新規登録件数は18ヶ月連続で前年を下回り、前年比マイナス52.8%。在庫件数は11カ月連続で前年を下回り、前年比マイナス57.0%。
・東京都心5区のオフィス賃料は6ヶ月連続で前年を下回り、空室率は13ヶ月連続して対前年比で悪化した。
・不動産向け貸出残高は引き続き高い水準である。

202106土地取引の動向.jpg
202106中古マンションの動向(首都圏).jpg
202106首都圏中古マンション在庫数.jpg
202106新築マンションの動向.jpg
202106新築マンションの動向(建築費).jpg
202106中古戸建ての動向(首都圏).jpg
202106新築戸建ての動向.jpg
202106オフィス賃貸の動向.jpg
202106景気動向.jpg
202106不動産向け貸出残高.jpg